PAGE TOP

40代からの妊活

TOPPAGE > 我が家は夫婦になり七年経ちますが待て

我が家は夫婦になり七年経ちますが待て

我が家は夫婦になり七年経ちますが待てど暮らせど妊娠することができません。
けれども、赤ちゃんができない原因がないんです。


様々な不妊チェックをしても原因が究明されないため、有用な改善策がありません。
人工的に排卵を誘発する不妊の治療をしていたのですが、頃合いを見て人工授精を試そうと主人と話途中です。妊娠の初期に葉酸不足になると、お腹の赤ちゃんの成長に影響が出てしまうことは世間でも広く知られています。

ただ、多く取りすぎてしまった時の事は知られていないように思います。これは発熱や蕁麻疹を生じさせやすくしたり、子どもが将来、喘息で辛い思いをする確率を高めることがあるようです。


これでは葉酸の取り過ぎにも、気をつけておくことが大切だと思います実は妊娠したいと思った段階から妊娠初期までの期間にかけて摂るようにする事が理想的だといわれていて、赤ちゃんの先天性奇形を予防する効果があります。


妊娠してまだ間もない期間は特に、葉酸が摂取できる食品やサプトから意識的に取り入れる事が大事になってきます。

ご存知の通り、亜鉛は妊活の鍵と言っても間違いないとても重要な栄養、ミネラルで、健康な体を作ったり、生殖機能を更に高めるためにどうしても欠かすことができません。食事の中でも積極的に取り入れ、不足分をサプリメントで補うのも効果的だと思います。
男女問わずホルモンの働きを活発にしてくれる効果があるので、不足しないように気をつけたいところです。毎日、私は葉酸サプリを利用し続けています。飲み方は非常に簡単です。多めのお水と一緒に飲みやすい大きさのサプリを飲むだけで大丈夫です。飲み辛く感じるようなニオイもありませんし、飲み忘れがないように気をつけるだけで良いのです。



私は葉酸を飲んでいるのは、赤ちゃんのためなのはもちろんですが、私自身の体にも良い影響があるということなので、今後も継続して飲んでいきたいと思います。妊婦にとっての必要な栄養素というのは葉酸なのです。

葉酸が不足していると胎児の脳や神経系に障害をきたすリスクが大きくなってしまいます。

実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかといわれると、妊娠3ヶ月以内といわれるので、この頃、特に葉酸を摂る必要があるわけですね。



妊娠中の人にとって必ず摂らなければならない栄養素が葉酸です。これは赤ちゃんの脳や神経を生成するのに欠かせない栄養素だからです。

こはほうれん草などの食品に多く含まれていますので、積極的に食べるようにしてください。


日々の必要摂取量としてほうれん草一束を毎日食べきることが大切といわれています。けれども、これは大変なので、食事と同時にサプリメントを摂ることを推奨します。



不妊治療そのものに違和感を感じるご夫婦もおられるでしょう。また、不妊治療は特別に不安がなかったとしても、不妊治療にかかるお金が問題となって始められなかったり、続けられないこともしばしばあります。


例えば、タイミング場合には、それほど治療費がかかりませんが、人工授精や体外受精を希望すれば、多額の費用が必要となります。私は今、病院で、不妊治療をうけています。
だけど、それがとてもストレスになってます。
こうまでやらないと、子供が望めない事が私には大きなストレスなんです。

できるなら、全部放棄したいです。なのに、そうできないのが、ストレスをためる原因になっています。
実は今、妊活中です。
お腹に子供を宿すためにいろいろな努力を行っています。その中の一つに、葉酸サプリの飲用もあるのです。ですが、当然それだけではなく、毎日早起きして、夫と共にウォーキングもしています。妊娠は有酸素運動も大事だとよくいわれますし、夫婦揃ってウォーキングを行うことがコミュニケーションになっているんじゃないかなと思います。



世間では妊婦が盛んに摂るよう推奨される葉酸ですが、熱すると失われてしまうので、調理をする場合には気をつけなければなりません。特に調理の行程で長時間熱を加えてしまうと、栄養素は50%が失われてしまいます。
加熱する場合は湯通しをさっとするだけなど熱の加え過ぎに注意することが大切だと思います妊活の一つにヨガ、ピラティスなどを生活の一部として取り入れる事はとても有効があると思います。

深い呼吸を行うことで免疫力が向上したり、精神的にも落ち着いてくるといった良いことがあるからです。

妊娠してからでも、マタニティヨガという形で続ける事が出来る上、ヨガの呼吸法は出産の際にも役立つでしょう。
時期的に葉酸を摂取するのが一番必要なのは妊娠初期です。

妊娠がわかってから、「葉酸とるの忘れてた。
」と後悔するママも多分に見受けられます。悲しいことにならないように、ベビ待ちの女性は日々葉酸を摂取することをおすすめしています。


妊娠活動の中でも、体質を変えることを目的とし、根本から妊娠しやすい体を作っていく漢方治療はとても効果的です。漢方は、病院で医師に処方してもらえば健康保険が適用されるので、わりと安価で続けやすいのも特徴です。
女性のみならず男性不妊にも効果があると言われており、夫婦両方で飲むのもおすすめです。

葉酸は妊婦さんたちの間では、つわりを軽くしてくれると話題にあがります。
これは諸説ありますが、葉酸をちゃんと摂取できている安心感のために、女性のストレスが軽減され、つわりが軽減されるのではないかと考えられているようです。

なんにせよ、特に妊娠初期は通常の二倍の量を摂るのが望ましいと言われています。
Copyright (C) 2014 40代からの妊活 All Rights Reserved.