PAGE TOP

40代からの妊活

TOPPAGE > 葉酸というものは妊娠前から摂取して妊娠

葉酸というものは妊娠前から摂取して欲しい栄養

葉酸というものは妊娠前から摂取して妊娠初期の段階で体内にあるという状態が理想的とされます。

不妊症を治療している段階で、妊娠を望んでいる訳ですから、同時進行で葉酸の摂取を意識することも先天性奇形を予防するという面にもおいて大事な事となってきます。
葉酸というものは妊娠する前から積極的に摂取するのが良いとしています。



赤ちゃんの障害奇形を防ぐ上でも摂取が必要となってくる栄養素なのです。

葉酸という栄養素はほうれん草にいっぱい入っていますが、意識的に食品から毎日摂ることは大変で手間もかかるので、サプリメントにより摂取すれば効率的です。だいぶ前に友人に聞いたピジョンの葉酸サプリは大変良いサプリです。妊娠中に必要不可欠な栄養素を補うことができます。しかも、ずっと悩まされていた冷え性も改善されてきたのです。
私の場合、葉酸サプリを飲み始めたのは赤ちゃんにいいと聞いたからですが、私自身の体にも良いようなので、産まれた後も飲み続けるつもりです。



私思うんですが、妊娠している女性の方は葉酸を意識して摂ることが必要不可欠だと思います。なるべく自然に食事から摂れることが理想ですよね。
手軽に食べられる果物でいうと、イチゴ、キウイ、葉酸が多く含まれているため、普段から積極的に、食べるようにするのがベストです。とにかく夫婦にとっての欠かせない栄養素は葉酸なのです。この葉酸が足りないと胎児の脳や神経系に障害をきたすリスクが高くなってしまうのです。

では、いつまでに葉酸を摂取するとよいのかといったら、妊娠3ヶ月以内といわれているため、この頃に葉酸を摂取する必要があります。実は、通院して不妊治療を続けている最中です。しかし、それがとてもストレスになってしまっています。こうまでしないと、子供ができない事が私からすればかなりのストレスをためる原因になっています。可能であれば、全てやめてしまいたいです。



それなのに、それが無理な事が、ストレスの倍増になっているように感じます。妊婦が能動的に摂るようすすめられる葉酸ですが、熱が弱点なので、調理をするときには気をつける必要があります。

中でも、調理の手順で長い時間熱を加えてしまうと、その栄養素は半分になってしまいます。加熱する場合は短時間湯通しするなど熱の加えすぎに注意することが重要だとされています。


不妊治療そのものに違和感を感じるご夫婦がでてくるかもしれません。

そして、不妊治療には特に抵抗がないとしても、治療に必要な費用が重荷となって始められなかったり、続けられないこともしばしばあります。タイミング治療においては、それほど費用がかかりませんが、AIHの希望となると、沢山の費用が必要となってしまいます。

葉酸とは、普段はあまり聞きなれない言葉ですが、妊娠すると必ず聞く栄養素なのです。

というのも、母子手帳にもその摂取が必要だと記してあるくらい大切な栄養素です。

妊婦さんすすんで摂ることを推奨します。
葉酸が手軽に摂れるサプリもたくさん販売されています。
葉酸を摂取するのが一番必要なのは受精した直後からです。
そのため、子供ができたとわかってから、「葉酸とるの忘れてた。
」と後悔する方も多々います。
そんなことにならないように、妊娠したいと思っている女性は日ごろの食事でも葉酸を摂取することを心がけることが大切です。
妊娠初期のみ葉酸がいると思われがちですが、必ずしもそうではありません。



妊娠中期〜後期に渡っても赤ちゃんの発育を促してくれたり、母子が悪性貧血になるのを防いでくれたり、妊娠高血圧症候群の予防をしてくれたりなど妊婦には必要不可欠な役目をやってくれるのです。授乳を終えるまでは、継続して葉酸を摂り入れるべきビタミンなんですね。


不妊を治すには治療法がたくさんあり、そのようになった訳によって内容もずいぶん異なってきます。
排卵日を細かく調査し、自力で妊娠するタイミングから、高齢出産や体外受精でも妊娠が無理な人が目指してみる最高のレベルと言われている顕微授精など、その人に見合う治療をすすめることができます。


女性の方にとって体の冷えというのは妊活をする上での障害物です。



そんなわけで、体を温かくするお茶を毎日飲むようにする事も重要だと思います。
具体的には、ノンカフェインの血行促進する、役目をするハーブティーが体内の冷えの解消には効果があります。


知ってのとおり、葉酸はDNAの合成をするほか脳や神経を作るとされ、赤ちゃんには不可欠な成分とされています。今、先天性による異常のリスクを減らしていくとして、世界でその摂取に関して指導をしているのです。

必要な量は、妊娠中で0.44mg、授乳中0.34mgとのことですが、1000mg以上の過剰摂取は要注意です。妊活中のごはんはしっかりととることが望ましいといわれています。

中でも葉酸が特に好ましいのですが、葉酸のほかにも摂らなくてはいけない食べ物がります。
それはアイキララ、鉄分などの栄養素です。



好き嫌いをいわず、バランス良く食事をすることが、妊娠しやすい体を作ることにつながるでしょう。できあいの食品や外食の頻度を抑えることも、妊活中の重要な点だと思います。
Copyright (C) 2014 40代からの妊活 All Rights Reserved.