PAGE TOP

40代からの妊活

TOPPAGE > 私自身、妊娠すると、いつも葉酸サプ

私自身、妊娠すると、いつも葉酸サプ

私自身、妊娠すると、いつも葉酸サプリを利用するのを勧められましたが、副作用が不安でした。

子供のために飲むことを考えているのに、胎児に悪影響が出たら、逆効果です。色々と調べたのですが、質の良い葉酸サプリならば、摂りすぎない限りは副作用はないとわかったので、今では安心して、葉酸サプリを使用しています。

通常、妊娠したいときのごはんはしっかりととることが望ましいといわれています。とりわけ、葉酸がいいのですが、これ以外にも摂ることが必要な栄養素があります。

それはミネラル、鉄分などです。

選り好みをせず、食事のバランスを考えて食べることが、妊娠しやすい体内環境を整えてくれるでしょう。加工食品や外食の回数を減らすことも、妊活中の食事を考えるときのポイントだと思います。女性にとって体の冷えは妊活をする上でのネックです。そんなわけで、体を温かくするお茶を意識的に毎日飲むようにするのも妊活の1つだと考えます。


一例を挙げておけば、カフェインレスの血行促進する、効果があるハーブティーが体の冷えを解消させることには効き目があります。

時期的に葉酸を摂取するのが一番必要なのは妊娠初期です。
そのため、子供ができたとわかってから、「葉酸をとり損ねた。」と後悔する母親も多くいます。
悲しいことにならないように、妊娠を望んでいる方は日ごろから葉酸を摂ることを心がけましょう。

妊婦が積極的に摂るようにすすめられる葉酸ですが、加熱に弱いので、料理をする場合、気をつける必要があります。調理するプロセスで長時間熱を加えてしまうと、その栄養素は50%に減ってしまいます。だから、熱を通す場合はぱっと湯通しするだけにするなど熱の加え過ぎに注意することが大切だと思います不妊を引き起こす原因として高温期、低温期が正しくない場合があります。
本来なら月の中で高温期と低温期がはっきりと二層として分かれているはずで、それが排卵が正しくにされているかどうかを確認する目安とされています。

基礎体温が綺麗に二層になっていないのは無排卵月経などの排卵障害となっていることもやはりありえます。今、妊娠初期に葉酸不足になってしまうと、胎児が育つ上で影響が出ることは広く知られるようになってきています。

ただ、多く取りすぎてしまった時の事は思ったほど知られていないように思います。


どうやら蕁麻疹や発熱などを起こす原因となったり、将来子どもが、喘息で苦しい思いをする確率を高めてしまったりするようなのです。これからは葉酸の摂取し過ぎにも、注意が必要になりますね。
不妊の原因はたくさんあると考えられます。ですが、病院にいって多種多様の不妊検査をしてみると、明確な原因が提示される場合とはっきりとはわからない場合があります。よくない部分がみつかればその原因にたいする医療行為をはじめればいいですが、定かではない場合、毎日の食事にも注意してみることが大切だと思われます。日々のことですから、どんなものを摂取するかによって、体の状態が変化すると考えます。病院などでも妊娠初期段階において特に摂取を推奨される葉酸という栄養素ですが、妊娠の初期段階はお腹の赤ちゃんの発達がとても盛んな期間のため、欠かせません。

不十分だと胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など赤ちゃんの成長に多大な影響を与えるかもしれません。
1日に摂るべき量は400ugが目安です。
今、妊活の一部にヨガを生活の一つに取り入れる事は有効だと思います。その理由は、深い呼吸法を繰り返す事により体内の免疫が強まったり、精神的にも落ち着いてくるといった利点があるからです。


妊娠中でも、マタニティヨガといった形で続ける事が出来る上、呼吸法そのものが出産の時にもいいわけですね。


中々妊娠しにくい原因の1つとして体の血行の悪さを起因とした冷え性が考えられます。その冷えを根本的に改める為に、食べ物について見直すことが重要になるのではないかと感じます。


体を芯から保温する生姜や根菜などを常に食生活の中で摂取し、体を冷やすもとになる食品を避ける事も自分の努力で出来る体質改善への軌跡でしょう。
今、妊活中に必要不可欠なのが葉酸を含むサプリメントです。
これは、妊娠を望む方にはもちろん、妊娠してからも出産してからも、継続して摂取した方がいいのです。このサプリはお母さんの体にも、赤ちゃんにとっても体にとても良いとされています。とりわけ女の人の体には妊活中から出産後まで、続けて葉酸が必要なのです。
妊娠するにあたり必要ある栄養素が存在するなんて、妊活をし始めるまで知らないことでした。葉酸は特に妊娠には絶対に必要な栄養素で、しかも、普段の食事ではあまり摂ることができない栄養素でもあります。
葉酸サプリを飲用しはじめて、その後に妊娠できたので、きっと葉酸が不足していたわけです。
私は今、病院で、不妊治療をうけています。
でも、それがかなりストレスになってます。こうまでやらないと、子供が望めない事が私には大きなストレスなんです。



許されれば、全て放棄してしまいたいです。でも、それができない事が、ストレスをためる原因になっています。基本的に、妊活と聞くとどうしても男性よりも女性が主導的にする事だと思われがちですが、子供は、夫婦がお互い望んでできるわけで、男の人も当然、妊娠のための準備が必要だと思います。


特に女性の排卵の仕組みを知って、どういったタイミングで性交渉をすると、妊娠につながるのかを把握しておくのも男の人にとっての妊活になるのではないでしょうか。

Copyright (C) 2014 40代からの妊活 All Rights Reserved.